政治信条

福祉の党 三大方向性

1、より良い教育、子供に優しい社会、強い家族

2、世界第三の経済力を人民のために活かす真の豊かさ

3、日本的自由主義が開花したおおらかな日本


結成説明

 この政党は、最初、日本声聴の党内会派として認められた結社「MJJ支隊」(民主社会主義を掲げる自由主義者による「人民の意思」支隊)であったが、令和元年5月3日を持って、任意団体「福祉人民党」となり、同年6月19日を持って、任意団体「福祉の党」となる。


福祉の党 綱領

一、 わが党は、天皇とともに悠久の歴史を営んできた人民の意思に突き動かされる、日本有数の、福祉第一主義を掲げる政党である。


一、 わが党は、個人の自由の保障や、政策決定に最新の科学的知見が十分活かされることを望む。


一、 わが党は、福祉を第一に考え、民主社会主義的な手法を持って、福祉国家としての日本を存立させる。


一、 わが党は、人民の生命と財産、そして国を守り、多文化主義は望まないが、国際社会の平和と繁栄に貢献する。


ロゴマーク説明

このロゴマークは稲と斧を結んだ形です。稲は富を、斧は労働を、白い紐で結んだのは団結を表わします。そして色は多様性を表現しています。