※このブログでの発言は、多分に個人的な見解が含まれています。

福祉人民党 三大方向性の説明

はじめましての人ははじめまして、はじめましてじゃない人もはじめまして、みちるです。

当記事では『福祉人民党 三大方向性』について説明をして行きます。


福祉人民党 三大方向性とは

1、より良い教育、子供に優しい社会、強い家族

2、世界第三の経済力を人民のために活かす真の豊かさ

3、日本的自由主義が開花したおおらかな日本

この3つです。


1、より良い教育、子供に優しい社会、強い家族

未来の担い手、子供たちが、自尊心の持てる教育の確立。未来の担い手、子供たちに優しい社会の実現。未来の担い手、子供たちが、強い家族で育まれるように、家族への包括的な支援。

2、世界第三の経済力を人民のために活かす真の豊かさ

世界第三の経済力から得た冨を、富裕層ばかりに流すのではなく、広く人民に配分し、豊かな国民生活を実現して行く。

3、日本的自由主義が開花したおおらかな日本

「まなぶ=まねる」から分かるように、日本は昔からまねて上達して行く文化であり、それを踏まえて著作権にあまり厳しくない日本を目指す。またアダルト出版物等にもおおらかな国民風土の実現。風俗産業においては、昭和期の性に寛容な雰囲気を取り戻していくことと、古くは花魁のような良い面をよりいっそう開花させ、負の側面はなくしていく、そんな時代をつくっていく自由を尊重した社会の実現。

改良政党 福祉の党

改良政党 福祉の党です。日本に福祉第一主義政党の誕生を目指し、最終的には政権党を目指します。既成政党は基本的には支持していません。