※このブログでの発言は、多分に個人的な見解が含まれています。

規律と秩序そして自由

はじめましての人ははじめまして、はじめましてじゃない人もはじめまして、みちるです。

規律と秩序。今どれ程の人民がこの2つのことについて考えているだろうか。

まず規律と秩序を理解するには、規律と秩序が自由や自律を否定するものではない、ということを知る必要があります。

近年、日本におけるモラルの低下、秩序の乱れが嘆かれていますが、自由というのは、無規律、無秩序であるというものでは全くなく、むしろ規律と秩序の上に成り立つ権利であるということを理解しなくてはならないのであります。

無論、自律も同様で、規律を否定するものではなく、あくまでも規律の上に立脚するものなのです。

人間はポリス的動物であり、社会生活をすることからは、逃れられないため、社会が整った状態であることは必要です。そう、人間は1人では生きられないのであります。その秩序を作り上げるためには、規律が必要となります。規律という言葉に嫌悪感を覚える人間は現代の世の中では少なくないかもしれないが、それは人が人として生きていくために必要なのであります。

自由や自立が、規律や秩序を否定しているものではないということに気づいた時、つまり規律と秩序の正しい形と、真なる自由と自律の意味に気づけたとき、わが国はようやく次なる一歩を正しく踏み出すことが出来るのであります。

改良政党 福祉の党

改良政党 福祉の党です。日本に福祉第一主義政党の誕生を目指し、最終的には政権党を目指します。既成政党は基本的には支持していません。